旭橋みずほ通商店街

旭橋みずほ通商店街とは

みずほ通商店街って?

旭橋みずほ通商店街振興組合は、旧第7師団に通じる道路として発展した街で明治20年代後半にはすでにまばらながら商店があった。しかし店舗裏には巨木が生い茂り、沼やヤチが多く畑がほんのわずかあるだけでタヌキやキツネが横行していたという。
しかし、旭川駅から第7師団の兵舎に通じる重要な道路であり、ご用商人をはじめ入隊除隊の記念品店 お土産店などが現在の国道40号線をはさんで徐々にその商店数も増え商店街としての発展をとげ現在のみずほ通り商店街の誕生となった訳です。
明治の厳しい環境下で先人達は、遠く北陸方面の出身者が多かったと聞いていますが現在も永々として同一業種を継続しながら今に至っている商店も少なくありません。
旭川町近文1線1号を基点に地名がつけられ、駅から師団に至る道路には現在の商工会議所のところと旭橋と二つの木橋があり、荷車を引くにも大変苦労したという先輩の話もかすかな記憶として残っております。また、そのころマイナス40度という今では想像もつかない寒波もあり、当時の住宅事情から察してもかなり厳しい冬であったと思われます。
井戸水をくみ上げワラ靴を履き、店にはランプを灯し、寒中でも店の戸は何時でも開けっ放しで朝早くから夜遅くまで接客に精を出していた先人達の苦労話も過去のものとなりましたが、明治、大正、昭和、平成と約100年以上にわたるこの商店街の歴史は、また、多くの先人達の苦労の足跡でもあり我々が現在あるのもこの先輩諸氏の努力の賜物と心から敬意を表すとともに、今はなき多くの先人達に心から敬意を表する次第であります。
しかし、時代の流れとともに、ロザシ屋、蹄鉄屋、刀屋、馬橇屋、提燈屋、サシモノ屋、馬具屋、ポンプ屋、曲物屋、カジ屋、ブリキ屋、軍服軍帽仕立て屋などの業種姿を消し、我々の熟年の方の間でも今は懐かしい思い出話のはしはしに稀にしか聞かれなくなりました。
こんなことを思い浮かべながら子供のころにあった「突撃屋」・「高めし」という看板で多くの人々に親しまれていたお店のことなど忘れることの出来ない思い出のひとつです。
大正の不況時代、昭和初期特に戦時中の統制経済を経て戦後の混乱期を乗切り昭和25年頃ようやく商店街も落ち着きを取り戻しました。
みずほ通りと名づけられたのも戦後間もない頃です。
劇場ができ、結婚式などができる会館、それに銀行なども増え、遊技場などもできて従来の旭町・大町のお得意様はもとより、春光町、末広町、近文町、川端町、それに鷹栖、東鷹栖、比布方面のお客様も出入りするようになり、30年代の高度成長期とともに商店街も急速に発展してまいりました。昭和39年には振興組合を設立し、年表に記されている各種事業を行い今日にいたっております。

 

昭和62年本町ブロック

News&Event

  • ホームページ開設しました。ご意見、ご要望は下記までお願いいたします。
  • ご意見・ご要望はこちらまで
旭川市ホームページ
北海道商店街振興組合連合会
旭川市商店街振興組合連合会
時計・メガネ・宝飾のおおくし
旭川ポータルサイトいいあさひかわ
コマヤ薬局